外科

外科について

当院では一般外科診療を行っています。擦り傷や切り傷・やけど・膿のたまった炎症の処置や縫合、手術後の創部ケア、小手術(巻き爪・陥入爪・粉瘤・脂肪腫など)を行っており、できるだけ痛みなく、きれいに治せるようきめ細かく配慮しています。現役の外科医として数々の手術に携わってきた専門医が処置をします。また、高度医療が必要な場合には、連携医療機関をご紹介してできるだけ早く適切な処置や治療を受けていただけるようにしています。

当院で行っている外科的治療

皮膚切開術・粉瘤摘出術

炎症が化膿し、膿がたまっている場合に、局所麻酔を施した上で膿をきれいに取り除きます。痛みなどの症状はこの処置によって速やかに解消へ向かいます。粉瘤については別途解説します。

詳しくはこちら

創傷処置・創傷処理

創傷処置・創傷処理ケガをした場合の手当です。できるだけ痛みのない処置を心がけて傷の中をきれいにします。縫合が必要な場合にはきれいに治るように丁寧に縫合します。

皮膚皮下腫瘍摘出術

粉瘤、脂肪腫、いぼなどを除去する小手術です。局所麻酔を施して、できるだけきれいに治るようにしています。なお、腫瘍のサイズ、数、できた場所などにより、ご予約いただいて改めて別日に除去する場合もあります。

異物摘出術

体内に深く入ってしまった異物を除去します。局所麻酔によって摘出し、必要があれば縫合します。この場合もできるだけきれいに治せるよう心がけています。

熱傷(やけど)

熱傷範囲だけでなく、熱によるダメージがどのくらいの深さまで届いてしまったかによって必要な治療が異なります。軽症の場合は、痛みを抑え、できるだけきれいに治るように処置します。なお、当院では状態を見極めて高度医療機関による治療が必要と判断された場合には、すぐに連携の大学病院などをご紹介し、速やかに適切な治療を受けていただけるようにしています。

ガングリオン穿刺術

ゼリー状の液体が詰まった腫瘤です。さまざまなサイズや硬さのものがあり、手の関節にできやすく、女性の発症が多い傾向があります。神経の近い場所やサイズにより痛みやしびれ、動かしにくさなどを起こすこともありますが、ほとんどの場合は無症状です。穿刺してゼリー状の液体を吸引して排出することで消失できます。再発を繰り返す場合や、中身が線維化してしまったケースでは手術による除去が必要になります。

ひょう疽・爪周囲炎

爪の周囲が細菌感染を起こして化膿している状態です。脈打つようにズキズキと強い痛みを生じることが多く、患部の赤みや熱感なども生じます。激しい痛みがある場合でも、切開して膿を排出させることで速やかに痛みが解消に向かいますので、早めの受診をおすすめしています。状態によっては、切開せずに抗生物質などの投与で治せる場合もありますので、状態や症状の強さを見極めて適切な治療を行います。

陥入爪

巻き爪で爪の左右が皮膚に食い込んで、その部分に炎症を起こしている状態です。激しい痛みで歩行も難しくなるケースがありますが、その場合もその場で切開処置を行うことで痛みを解消できます。爪切りの際に左右を深く切ってしまうと陥入爪や巻き爪になりやすく、他にもサイズが合っていない靴などが原因になることもあります。

TOPへ