粉瘤

粉瘤(ふんりゅう)とは

粉瘤皮膚の下に、皮膚と同じ構造の袋ができて、中に老廃物がたまっている良性腫瘍です。アテロームと呼ばれることもあり、触れると硬いしこりのように感じます。ニキビと間違えて潰してしまうと炎症を起こしやすくなります。また、年月とともに次第に粉瘤が大きくなってしまうことがあります。自然治癒することはないので、粉瘤に気が付いたら早めに受診しましょう。

粉瘤ができる原因

皮膚下に老廃物が入り込んでしまい、それを包むように皮膚が袋状に発達してできると考えられています。

粉瘤の症状

初期は見た目の変化もなく、痛みもありません。皮膚に触れた際に小さなしこりがあると感じる程度です。中にある老廃物が徐々に増えていくと、次第に粉瘤が大きくなっていきます。ご自身で粉瘤を潰して中の老廃物を出しても根治することはありません。粉瘤を潰してしまうと炎症を起こして大きく腫れてしまい、きれいに治せなくなる可能性もありますので、触れずに早めに受診しましょう。

炎症性粉瘤

炎症性粉瘤粉瘤の袋が皮膚下で破れて中身が皮膚内の組織に触れると炎症を起こします。また、粉瘤は皮膚表面中心に小さな黒い点の「へそ」が確認できることがあります。このへそから細菌が中に入って炎症を起こすこともあります。
炎症を起こした炎症性粉瘤は、強い痛みや腫れ、赤み、独特の臭気などを生じます。特に、ニキビと間違えて無理に潰し、中身を出そうとして炎症を起こしてしまうケースが多くなっています。
切開して排膿することで痛みなどの症状は消えますが、炎症が落ち着いた段階で手術にて粉瘤の袋をきれいに取り除かないと再発を繰り返します。

粉瘤に似た皮膚疾患

最も間違われやすいのはざ瘡(ニキビ)です。ニキビと違い、粉瘤は老廃物が溜まっている「袋」ごと取り出すための手術を受けないと治りません。一方、しこりのような感触が似ているのは脂腺嚢腫です。脂腺嚢腫には粉瘤のような「へそ」がないことが大きな特徴になっています。毛根にできる石灰化上皮腫も感触は粉瘤に似ています。他にも耳前瘻孔など、正確な鑑別が必要な皮膚疾患がいくつかあります。

自然治癒も予防もできません

粉瘤は効果的な予防法がなく、根本的に治すためには手術が必要です。粉瘤がある場合には、触れると炎症を起こすリスクが大きく上昇してしまうため注意が必要です。また、炎症を起こした場合、炎症自体は抗生物質などで治せますが、炎症が解消しても粉瘤は残ります。

粉瘤治療

炎症期の痛みを伴う粉瘤は切開排膿を行います。炎症が落ち着いた段階で、老廃物を包んでいる袋ごと除去する根本治療を行います。いずれも局所麻酔下の日帰り手術で施行可能です。ただし、大きさや部位(顔など)によっては治療後の痕が気になる場合があります。その場合には上位施設での施術を推奨する場合があります。

手術

皮膚下の粉瘤よりかなり大きく皮膚を紡錘形に切開し、粉瘤を取り出して縫合しています。大きな切開と縫合でどうしても傷痕が目立ちやすくなってしまいます。

TOPへ