消化器内科

消化器内科

消化器内科食道・胃・十二指腸・小腸・大腸、そして胆のう・膵臓・肝臓といった消化器全体を専門的に診療しています。症状や体調などについてくわしくお話をうかがった上で、必要な検査を行って診断し、現在の状態をわかりやすくお伝えした上で適切な治療を行っています。

対応疾患

など

主な症状

健康診断の結果が気になったら

人間ドックや健康診断の胃X線検査・便潜血検査の要精密検査、ピロリ菌検査で異常を指摘された場合には、消化器疾患の疑いがあるため早めにご相談ください。
胃がんや大腸がんをはじめとした多くの消化器疾患は、早期発見と適切な治療でほとんどの場合、完治が望めます。
当院では研鑽を積んだ専門医が丁寧に診療しています。内視鏡検査に関しても、豊富な経験と高度なスキルを十分に生かせる最新の高度な内視鏡システムと診断補助に用いるAI内視鏡(AIメディカルサービス社と提携)にて、苦痛がなく楽に受けていただける検査を行い確実に診断いたします。内視鏡検査に苦手意識がある方も安心してご相談ください。
当院では、完全に寝てしまうわけではありませんが、鎮静剤を使用して苦痛を和らげたうえで内視鏡検査を受けることができます。
当院では無鎮静での大腸内視鏡検査にも十分に対応できますが、ご希望に応じて鎮静剤を適宜使用します。
無鎮静の場合にはその場で所見をお伝えしながら検査ができます。鎮静剤を使用した場合には、30分ほどリカバリー室にて休憩していただいてからのご帰宅となります。
鎮静剤使用後は自動車・バイク・自転車の運転ができませんので、送迎や公共交通機関をご利用ください。
また、胃内視鏡は全例経鼻内視鏡を使用します。その日の状態により、むくみにより鼻腔が狭く、経鼻内視鏡が通過困難な場合には、そのまま経鼻用の細いカメラを口から挿入して観察します。
予約の空き状況次第ですが、胃と大腸内視鏡検査を同日に施行可能です。
さらに、その場で切除できる大腸ポリープを認めた場合には切除します。
つまり、消化器の検診と治療が一日で完結します。
癌の初診外来から手術(腹腔鏡・開腹)、抗癌剤治療、緩和ケアまでの実際を知る専門医が、早期発見・早期治療に全力で取り組みます。
平日はお仕事で忙しくなかなか検診を受診できない方々のため、土日も内視鏡検査が可能です。
胃カメラは一年ごと、大腸カメラは二年ごと。
定期検診はぜひ当院におまかせください。

TOPへ