鎮静剤を用いて楽に受けられる大腸内視鏡検査

大腸カメラLP

043-312-0112043-312-0112
大腸カメラ検査24時間WEB予約はこちら大腸カメラ検査24時間WEB予約はこちら

このような症状はありませんか?

このような症状はありませんか?このような症状はありませんか?
  • お腹の張りが続く
  • 家族に大腸がんを患った方がいる
  • お尻から血が出た・血便がでた
  • 便潜血陽性と言われた
  • 体重が急激に減少した
  • 下痢や便秘が続いている
  • 貧血を指摘されている

大腸カメラ検査による精密検査をお勧めします

大腸カメラ検査とは、肛門から内視鏡スコープを挿入し、直接大腸粘膜を観察することができる検査です。直接観察できる為、炎症や潰瘍、初期では発見しにくい大腸ポリープなども見つけることができます。また、その場で発見された前がん病変の大腸ポリープはその場で切除する事も出来る為、大腸がんの予防や早期発見につながります。定期的な大腸カメラ検査を行うことをお勧めしております。

大腸カメラ検査について

大腸カメラ検査について大腸カメラ検査について

大腸癌は自覚症状なく進行していきます。40歳を過ぎると自覚症状はなくても大腸ポリープができやすくなり、大腸がんのリスクが高まります。
大腸カメラ検査では、前がん病変である大腸ポリープを発見できるだけでなく、切除し予防することができます。
健康診断で特に問題がない場合でも、40歳を過ぎたら定期的に大腸カメラ検査を受けることをお勧めします。
また、当院では予約状況にもよりますが、検査は一週間以内を基本としております。病気の早期発見、早期治療を主目標に掲げており、適切な治療を速やかにご提案していきます。

大腸カメラ検査を行うことで
病気の確定診断ができます

大腸カメラ検査では大腸の粘膜を直接観察し、大腸粘膜の潰瘍や炎症の有無を観察することが可能です。症状だけでは診断しにくい炎症性腸疾患や大腸ポリープ、大腸がんの確定診断に大腸カメラ検査は必要となります。

検査で発見した大腸ポリープは
そのまま切除し、大腸癌の予防へ

放置すると大腸がんへ移行するリスクのある大腸ポリープは、内視鏡検査で発見された場合はその場で切除することが可能です。検査と同時に行うことができるので、再度来院する必要はなく、日帰りで手術可能です。

大腸カメラ検査の特徴

経験豊富な内視鏡専門医による丁寧な診療経験豊富な内視鏡専門医による丁寧な診療

経験豊富な消化器疾患の専門医

当院では、内視鏡による検査や手術の経験豊富な専門医が、最新の高度な内視鏡システムを用いて全ての大腸内視鏡検査を行っております。

鎮静剤を用いた、苦痛の少ない大腸カメラ検査鎮静剤を用いた、苦痛の少ない大腸カメラ検査

鎮静剤を用いた、苦痛の少ない大腸カメラ検査

鎮静剤を使用することで、リラックスした状態で検査を受けて頂けます。ウトウトと眠っているような状態で検査が行えますので、苦痛や不快感もほとんどなく、検査時間も短縮することができます。

高性能な内視鏡システムの導入で微細な病変も発見高性能な内視鏡システムの導入で微細な病変も発見

高性能な内視鏡システムの導入で
微細な病変も発見

当院では、最新技術を搭載したオリンパス社製の内視鏡システムを導入しております。わずかな変化を強調表示するシステムで微細で発見しにくい病変も容易に発見することを可能にしています。

高度な無送気軸保持保持短縮法を用いたスムーズな挿入高度な無送気軸保持保持短縮法を用いたスムーズな挿入

高度な無送気軸保持保持短縮法を用いた
スムーズな挿入

スコープの挿入時に無送気軸保持短縮法を用いております。その為、体位を変えていただきながら負担を最小限にし、よりスムーズな検査を行っております。癒着などの理由がない場合では平均3分で盲腸まで到達し、観察することができます。

不安な方も多い下剤の内服もご来院後に院内で内服できます不安な方も多い下剤の内服もご来院後に院内で内服できます

不安な方も多い下剤の内服も
ご来院後に院内で内服できます

通常であれば自宅で下剤を内服し、便意が落ち着いてからご来院いただきますが、ご希望があれば早めにご来院いただき、院内で下剤を内服することが可能です。自宅で下剤服用後、来院までの移動に不安をお持ちの方も安心して検査を受けて頂けます。

炭酸ガス送気で、検査後のお腹の張りを軽減炭酸ガス送気で、検査後のお腹の張りを軽減

炭酸ガス送気で、検査後のお腹の張りを軽減

検査時腸内を観察する為に送気する空気を、体内への吸収が早い炭酸ガスを使用しております。その為、検査後の不快なお腹の張りを軽減することができます。

検査中に発見した大腸ポリープはその場で切除検査中に発見した大腸ポリープはその場で切除

検査中に発見した大腸ポリープは
その場で切除

当院では大腸カメラ検査で発見された大腸ポリープはその場で切除する事ができます。大腸ポリープは放置するとがん化するリスクが高く、ポリープの段階で切除する事で大腸がんの予防となります。また、検査と同時に切除を行うことができる為、再度来院する必要がありません。

土日も大腸カメラ検査に対応土日も大腸カメラ検査に対応

土日も大腸カメラ検査に対応

当院では土曜日、日曜日(午前中)にも大腸カメラ検査を受けて頂くことが可能です。必要な方は大腸ポリープ切除も対応しています。平日忙しくお時間の無い方でも、ご安心して検査を受けて頂けます。

検査後は、ストレッチャーで寝たまま移動可能検査後は、ストレッチャーで寝たまま移動可能

検査後は、ストレッチャーで寝たまま移動可能

当院では鎮静剤を使用する方はストレッチャーの上で内視鏡検査を受けて頂きます。検査後は横になったままストレッチャーでリカバリースペースまでお運びいたします。検査後もリラックスしたままお休みいただけます。

プライバシーに配慮したリカバリールームでゆっくりお過ごしいただけますプライバシーに配慮したリカバリールームでゆっくりお過ごしいただけます

プライバシーに配慮したリカバリールームで
ゆっくりお過ごしいただけます

検査後はプライバシーに配慮したリカバリールームをご用意いたしますので、ゆっくりとお過ごしいただけます。何か不安な事や症状などありましたらすぐにスタッフへお声掛けいただけます。

感染予防の為、検査毎に、洗浄・消毒を徹底感染予防の為、検査毎に、洗浄・消毒を徹底

感染予防の為、検査毎に、洗浄・消毒を徹底

当院ではスタッフ一同感染対策を徹底しております。患者様が安心して受診していただけるように使用した処置具に関しては内視鏡学会で定められてる厳しい基準を厳守し、検査前に洗浄・消毒・殺菌を行っております。

観察時間を短縮せず、丁寧な観察を徹底観察時間を短縮せず、丁寧な観察を徹底

観察時間を短縮せず、丁寧な観察を徹底

大腸は長く、曲がりくねっている為、隅々まで観察する為には、熟練した専門医でも約8分は必要です。当院では、病変の特徴を見分け、早期がんや大腸ポリープを見逃さないよう、敢えてこれ以上検査時間を短縮せず丁寧な診療を徹底しております。

当院のコロナウイルス対策

千葉四街道胃腸肛門内視鏡クリニックの
新型コロナウイルス感染症対策

内視鏡検査にかかわる感染対策

CLICK HERE

対策1当院ではコロナウイルス感染の疑いがある方の診療を行っておりません。

当院では感染症指定医療機関レベルの厳重な感染対策を実施することは難しく、患者様の安全を配慮し、新型コロナウイルスの感染が疑われる方の診療や検査、治療は行っておりません。発熱や咳などの新型コロナウイルス感染の可能性がある方は近隣の総合病院を紹介させていただいております。

対策2大腸カメラ検査を受ける患者様は、お一人で過ごせる個室での待機を行っております。

大腸カメラ検査を受ける際、当院では院内で事前の下剤内服を行っていただくことができます。その際は、専用トイレを完備した個室をご用意しております。また、半個室、男女別トイレを設置しています。外来受診される方とは別の場所でお待ちいただくことができる為、感染リスクが少なく、安心してご利用していただくことができます。

対策3防護服の完全装備による感染対策を徹底しております。

内視鏡検査の際には、検査時の感染を防ぐために、検査を実施する医師やスタッフは防護服にて完全防備で検査を行っています。防護服は検査毎取り換え、手洗い、消毒を徹底している為、安心して検査を受けて頂くことができます。

対策4日本消化器学会による内視鏡検査時の感染対策ガイドラインに沿った感染対策を実施しております。

内視鏡検査で使用した器機などは、日本消化器学会の定めた内視鏡検査時の感染対策ガイドラインを遵守し、検査毎に洗浄・消毒を行い、検査器具や接触、飛沫などによる感染や感染拡大を防いでおります。

043-312-0112043-312-0112
大腸カメラ検査24時間WEB予約はこちら大腸カメラ検査24時間WEB予約はこちら

検査時間は10~15分!大腸カメラ検査の流れ

事前診察と検査・ご予約事前診察と検査・ご予約

事前診察と検査・ご予約

安全に検査を行い、検査時にしっかりと観察できるよう準備をする為に事前に診察を受けて頂き、前処置などについて詳しくご説明した上でご予約をお取りいただきます。

検査前日検査前日

検査前日

内服中のお薬がある方は医師の指示通りに服薬・休薬を行ってください。夕食後は検査後まで絶食となります。水やお茶など糖分の無い透明な水分の摂取は可能です。夕食後お渡しした下剤を服用し早めに就寝してください。

検査当日検査当日

検査当日

検査開始4時間前から、お渡しした下剤2リットルを複数回に分け、服用してください。自宅での内服に不安がある方は、ご予約時にお伝えいただければ当日早めにご来院いただき、院内で内服することが可能です。

ご来院と準備ご来院と準備

ご来院と準備

ご自宅で下剤を内服し、腸がきれいになりましたら検査予約時間の少し前までにご来院下さい。
便の状態を確認した上で、当院でご用意した検査着に着替えて頂きます。

検査検査

検査

検査室に入り、点滴実施後は左側臥位でストレッチャーに横になります。鎮静剤等の投与を行い、ウトウトと眠った状態になりましたら検査を開始いたします。
通常であれば麻酔から10~15分程度で終了いたします。

検査終了後検査終了後

検査終了後

鎮静剤の効果は検査後すぐに切れますが、安全の為、ストレッチャーに横になったままリカバリースペースへお運びいたします。

ご説明ご説明

ご説明

鎮静剤を用いない検査の場合は検査後すぐに、鎮静剤を使用した場合は30分程お休みいただいた後、検査を行った医師が画像などを用いて丁寧に結果を説明いたします。

ご帰宅後ご帰宅後

ご帰宅後

検査後1時間後より飲食が可能となります。前日から絶食であることや下剤の使用により低血糖になりやすいので、甘いものやおにぎりなど糖質を取ることをお勧めいたします。いつもとお薬を飲むタイミングが異なる場合がありますので、医師の指示通り内服をしてください。

費用

  1割負担 3割負担
大腸内視鏡検査 約2,500円 約7,500円
大腸内視鏡+病理検査 約3,000円 約10,000円
大腸ポリープ切除術 約8,000円 約20,000円~30,000円
043-312-0112043-312-0112
大腸カメラ検査24時間WEB予約はこちら大腸カメラ検査24時間WEB予約はこちら

医院紹介

  • 千葉四街道胃腸肛門内視鏡クリニック
  • 千葉四街道胃腸肛門内視鏡クリニック
  • 千葉四街道胃腸肛門内視鏡クリニック
  • 千葉四街道胃腸肛門内視鏡クリニック
  • 千葉四街道胃腸肛門内視鏡クリニック
  • 千葉四街道胃腸肛門内視鏡クリニック
  • 千葉四街道胃腸肛門内視鏡クリニック
  • 千葉四街道胃腸肛門内視鏡クリニック
  • 千葉四街道胃腸肛門内視鏡クリニック
  • 千葉四街道胃腸肛門内視鏡クリニック
  • 千葉四街道胃腸肛門内視鏡クリニック
  • 千葉四街道胃腸肛門内視鏡クリニック
  • 千葉四街道胃腸肛門内視鏡クリニック
  • 千葉四街道胃腸肛門内視鏡クリニック
  • 千葉四街道胃腸肛門内視鏡クリニック
  • 千葉四街道胃腸肛門内視鏡クリニック
  • 千葉四街道胃腸肛門内視鏡クリニック
  • 千葉四街道胃腸肛門内視鏡クリニック
  • 千葉四街道胃腸肛門内視鏡クリニック
  • 千葉四街道胃腸肛門内視鏡クリニック
住所 〒284-0033千葉県四街道市鷹の台2-35-13
電話 043-312-0112
標榜科目 内科・外科・消化器内科・内視鏡内科・肛門外科・皮膚科
 
診察・検査
8:30~11:00
-
検査・手術
11:00~16:00
- - -
診察
16:00~18:00
- - -
★:第1、第3、第5のみ診察・検査となります。
医院案内
TOPへ